【レシピ】淡い味噌粥【お粥研究家の粥日記2023/10/16】

  • URLをコピーしました!

普通に炊いたお粥さんに、ちょこっとのお味噌を入れて。淡くやさしい味噌風味のお粥をつくりました!

工夫ポイントは味噌だけでなく塩も組み合わせたところ。イメージとしては、味噌は味付けの役割ではなくて、旨味ポジション。味付けはあくまでも「塩」で決める感じです。

味噌風味が塩の力で引き立って、なんとも癒しな一皿でございました。

味噌の持てる甘味やコクはほんの少量でも感じるものですね。味噌ってすごい!

淡い味噌粥のレシピ

おすすめシーン:癒されたいとき、むくみ対策、とっておきの味噌を味わいたいとき
調理時間:50分

材料(お茶碗2杯分)

  • 生米  1/2合(約75g)
  • 水   750ml
  • 味噌  小さじ1
  • 塩   小さじ1/3〜

トッピングに

  • 柚子皮
  • 白ごま など

つくり方

STEP
鍋の温度を上げる

厚手の鍋に研いだ米、水750mlを入れる。具材のかたよりがないように鍋底をならして、中〜強火にかける。

STEP
コトコト煮込む

鍋の中がぽこぽこと沸いたら、鍋底から米粒をはがすようにおたまでゆっくりまぜる。鍋にお箸を渡してフタをした状態で、ふつふつと波打つ程度の弱〜中火で30分煮込む。

鍋を弱火にかけている写真
鍋に箸をかませることで吹きこぼれにくくなります◎
STEP
味つけ

味噌、塩で味をととのえる。鍋全体をゆっくりとまぜて火を止める。

STEP
蒸らし

フタをして5分ほど放置して蒸らす。器に盛りつけたら完成!

鍋の蓋をしておかゆを蒸らしている写真

いただきます!気になるお味は?

あら。すこ〜しだけ、味噌色!

たった小さじ1の味噌でも、白いお粥とは雰囲気が変わるものですね。

お味も白粥とは別物。

でも、しょっぱいというわけではなくて。

小さじ1ほどの少量の味噌だからか、塩っけではなく甘みや旨味のほうを感じます

さすがキングオブ発酵食品、味噌!ほんのちょっとでも色っぽさが出る魔法

お米の甘みと合う、合う。

そうそう、今朝は今シーズン初の「柚子」を添えました。

んん〜!味噌×柚子皮=よい!♡

今日もぎゅっと「好き」を詰め込んだおかゆで幕開け!

今週もごきげんで、ぼちぼちがんばりましょう。

と〜ってもおいしゅうございました!ごちそうさまでした。

次は麦みそでも作ってみようかな♪

created by Rinker
フンドーキン
¥489 (2024/04/15 01:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

余分な水分を排出するため、むくみに効果的です。熱を冷まして発熱やのぼせ、イライラなども解消。

『増補新版 薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』喩静・植木もも子、2018年、西東社 P.259「みそ」より

米の品種:ゆめぴりか
塩:海の精

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

鈴木かゆのアバター 鈴木かゆ お粥研究家

お粥研究家。24時間おかゆのことを考えている人。「食事でじぶんを整える」をテーマに、毎朝の自分の体調に合わせたおかゆを作っている。お粥を作るのも食べるのも見るのも大好き。