【レシピ】おくらの塩もみのせ粥【お粥研究家の粥日記2023/05/15】

  • URLをコピーしました!

ザーザー雨の月曜日。5月も中旬、梅雨の気配も感じるじっとりとした朝でした。

今朝の身体のご要望は「あっさり系が食べたい!」

というわけで、刻みおくらの塩もみを乗せた、シンプルなお粥さんをいただきました!

おかずになる!おくらの塩もみ

おくらの塩もみのせ粥のアップの写真

材料(おかゆ2杯分)

  • おくら 5本程度
  • 塩   おくらの重さの2%
  • 刻み昆布or塩昆布 ひとつまみ

つくり方

STEP
おくらを刻む

おくらのガクを切り落とし、細かく刻み、袋に入れる。

STEP
塩・昆布を入れる

おくらの重さの2%の塩、ひとつまみの昆布を入れて、よくもむ。10分ほど置いたら完成!

刻みおくらと昆布の写真
おくらと塩、昆布を揉み込んだ写真

「白ごはん」にも合うのですが、ていねいに炊き上げた白粥に、おくらの塩もみ、みょうがのスライスをのせまして。

お粥に盛りつけている写真

おくらの塩もみのせ粥の完成です!

おくらの塩もみのせ粥の俯瞰の写真

いただきます!気になるお味は?

おくらの強い粘り気と歯ごたえが、とろとろのお粥と合う

おくらは細かく刻んで細胞壁を壊した方が、ねばねば成分のパワーがより高まるのだそう。細かく細かく刻んでも種の「コリッ」と感は残るし◎

おくらの塩もみのせ粥のアップの写真

刻みおくらをおかゆ自体に混ぜ込む「おくら粥」もおいしいけれど……

おくら粥の写真
刻みおくらをお粥に混ぜ込んだ「おくら粥」。

今朝のようなパターンもまた、一口ごとのお味のメリハリがあっておいしいなあ〜……!

おくらって割となんでも合うから、納豆やキムチを入れたり、梅を添えたり、刺激のアクセントを加えるのもやってみたいです。

今日はさっぱりを欲していたから、このくらいシンプルなのがぴったり!◎

あー、さっぱり。とーってもおいしかったです!ごちそうさまでした。

オクラのネバネバ成分は、腸内を掃除して有害物質を外に出す働きがある食物繊維。この効果を最大限に引き出すには、オクラをみじん切りにして細胞壁を壊す。

『NHK出版 からだのための食材大全』池上 文雄 (監修)、2018年、NHK出版 P.37「オクラ」より

米の品種:ミルキークイーン
塩:カンホアの塩

塩昆布もばっちりお味が決まっておいしいけれど、昆布そのものの旨味がお上品に加わる「刻み昆布」も大好きです!♡

created by Rinker
オーサワジャパン
¥355 (2024/05/23 12:31:33時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

鈴木かゆのアバター 鈴木かゆ お粥研究家

お粥研究家。24時間おかゆのことを考えている人。「食事でじぶんを整える」をテーマに、毎朝の自分の体調に合わせたおかゆを作っている。お粥を作るのも食べるのも見るのも大好き。