【レシピ】本みりん粥【お粥研究家の粥日記2023/06/20】

  • URLをコピーしました!

ツヤピカふっくらほんのり甘みとコクがUP。気持ちとろみも強いような……?

本みりんと炊いた「本みりん」粥です。

みりんを入れて炊いたごはんがツヤピカでおいしいと聞いたので、おかゆでも違いがあるのでは?と試してみた次第です。

お味の変化はほんとにごくわずかなので、薄味のお粥をじ〜っくり味わいたいとき、隠し味として活躍しそうな予感です。

本みりん粥のレシピ

本みりん粥の写真

おすすめシーン:甘みがほいしとき、和食系のおかずと合わせたいとき
調理時間:50分

材料(お茶碗2杯分)

  • 生米   1/2合(約75g)
  • 本みりん 小さじ1
  • 水    700ml
  • 塩    小さじ1/3

トッピングに

  • カリカリ梅 など

ご一緒に

  • しらす
  • 青しそ  など

つくり方

STEP
鍋の温度を上げる

厚手の鍋によく研いだ米、本みりん、水700mlを入れる。具材のかたよりがないように鍋底をならして、中〜強火にかける。

鍋にみりんを入れている写真
鍋を火にかけている写真
STEP
コトコト煮込む

鍋の中がぽこぽこと沸いたら、鍋底から米粒をはがすようにおたまでゆっくりまぜる。鍋にお箸を渡してフタをした状態で、ふつふつと波打つ程度の弱〜中火で30分煮込む。

吹きこぼれ防止に鍋にフタの間にお箸を挟んで煮込んでいる写真
STEP
味つけ

塩で味をととのえる。鍋全体をゆっくりとまぜて火を止める。

STEP
蒸らし

フタをして5分ほど放置して蒸らす。器に盛りつけたら完成!

いただきます!気になるお味は?

香りはほんのり。よ〜〜〜く観察したら、みりんの甘みを感じるかも?ってくらい。

本みりん粥の写真

見た目が違いますよね。ツヤ感といい、ふっくら感といい!

今日の添え物は、青しそとしらす。

しそとしらすの写真

お粥のお味をじっくり観察しながらていねいに食べたかったので、別添えにしてみました。

う〜ん、じんわり、甘い。やさしいコクを感じます。

本みりん粥をすくっている写真

ふっくら感に加えて、おかゆのもっちり感も増すような。

いつものおかゆと並べて食べたわけじゃないから「〜気がする」みたいな感想になっちゃうけれど、みりんを入れることで違いがあるのは確実。

たったひとさじのみりんでも、こんなに変化があるものなのですね。

お米からできている「みりん」を入れると、お米でつくるおかゆがふっくらするって、考えてみたら不思議ですよね。豆腐の味噌汁(大豆+大豆)みたいな面白みを感じました。ひょっとしてお米の品種によってみりんを入れた瞬間おいしさが爆上がりするようなものがあったりするのかな。

本みりん粥の魅力がもっと引き立つ瞬間があるのでは?と、頭にひっかけつつ、過ごしてみようと思ったのでした。

とってもおいしゅうございました!ごちそうさまでした。

米の品種:ゆめぴりか
塩:海の精

おいしいみりんって、魔法のようにお料理をおいしくしてくれますよね……!

created by Rinker
福来純
¥1,750 (2024/06/25 03:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

鈴木かゆのアバター 鈴木かゆ お粥研究家

お粥研究家。24時間おかゆのことを考えている人。「食事でじぶんを整える」をテーマに、毎朝の自分の体調に合わせたおかゆを作っている。お粥を作るのも食べるのも見るのも大好き。