【アレンジ】粥入り豆花【お粥研究家の粥日記2023/07/06】

  • URLをコピーしました!

台湾スイーツ豆花トウファに冷やしたお粥を入れました!

お豆や穀物を煮る過程は「これ、お粥つくっているのと同じでは!?」と思いましたし、豆花に白粥が入っていてもまったく違和感なし。ナニコレ不思議体験。

全部をわざわざ用意しなくても、おうちにある穀物や缶詰、パウチを利用して◎

日本には「米(粥)=しょっぱい」という固定観念があるけれど、本来、お米は甘く食べてもおいしいのですよねえ。お粥はほんとに自由な食べ物だなあ〜……!

粥入り豆花のレシピ

粥入り豆花の俯瞰の写真

おすすめシーン:夏のデザートに、つくりおきに

材料

  • やわらかめのお豆腐
  • お好みの茹で豆・穀物、粥
  • 水で戻したクコの実など

シロップの材料

  • 砂糖:水=1:3
    (砂糖200g、水600mlくらいがつくりやすいです)

<ポイント>茶色いお砂糖で
きび砂糖や洗双糖などミネラルを含んだ「こくうま系」のお砂糖を使うのがポイントです。

つくり方

STEP
穀物・豆を用意する

お好みの豆や穀物を茹でる。粥をつくる。缶詰やパウチの「茹で豆」を利用しても◎

STEP
シロップをつくる

フライパンに砂糖を入れ中火で炒める。香りが立ったら水を入れ砂糖が溶けたら火を止める。しっかり冷やしておく。

STEP
盛りつける

器にお豆腐を盛りつけ、穀物・豆・粥、水で戻したクコの実などをのせる。たっぷりのシロップをかけて召し上がれ!

粥入り豆花を盛りつけている写真
created by Rinker
サラダクラブ
¥1,472 (2024/03/03 12:33:28時点 Amazon調べ-詳細)

いただきます!気になるお味は?

おうち豆花〜!かわいい!♡

粥入り豆花の写真

お粥が違和感なさすぎて、びっくりしちゃうくらい!レトルト粥のぽってり感がお豆腐&シロップに絡んでおいしいわあ〜……。

本来の豆花は、濃い豆乳と苦汁にがりから作るのですが、わりと日本のとろとろめのお豆腐でも近いお味がたのしめます。(わたしは三代目茂蔵豆富の「茂たま」がお気に入り!)

粥入り豆花の写真

かき氷や白玉、タピオカ、蒸した芋などのトッピングもおすすめです!あとは、ナッツやフルーツも!

豆や穀物って、ほんとうにパワフルで。ただお味や食感が魅力というだけではなくて、それぞれたのもしい働きがあるのですよね。

<例>
黒米:血行促進、貧血対策、アンチエイジング、体力や気力のアップ
ハトムギ:水分代謝を促進、むくみを解消、解毒作用、肌荒れ・ソバカス対策
緑豆:夏バテの予防、口内炎・吹き出物対策、ほてり対策
ーー『増補新版 薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』喩静・植木もも子、2018年、西東社より

もちろん、薬のように「効く」わけではありませんが、自分が今いただきたい食材をいただけるのはうれしいですよね〜……!

おかゆもお豆&穀物を取り入れやすいお料理だけれど、豆花も相当取り入れやすい◎

粥入り豆花のアップの写真

お豆腐と、茹でたお豆と、シロップ。豆花の材料が冷蔵庫にあるだけで、なんだか頑張れちゃう不思議!

粥入り豆花とシロップの写真

この夏も我が家流「豆花」と「粥」とで、元気に過ごせる気がしてきたのでした。

と〜〜〜ってもおいしかったです!ごちそうさまでした!

米の品種:ミルキークイーン
塩:海の精

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

鈴木かゆのアバター 鈴木かゆ お粥研究家

お粥研究家。24時間おかゆのことを考えている人。「食事でじぶんを整える」をテーマに、毎朝の自分の体調に合わせたおかゆを作っている。お粥を作るのも食べるのも見るのも大好き。