【レシピ】ゆず塩白菜粥【お粥研究家の粥日記2022/11/25】

  • URLをコピーしました!

ごま油を風味づけに使ったほんのり中華風の白菜粥ゆず皮を添えていただきました。

甘みたっぷりの冬の白菜と、すーっと背筋の伸びるゆずの香りは相性抜群。冬の鉄板コンビです。

そして、今朝のポイントは「塩なし仕立て」。

あえて塩を混ぜ込まずに、いろいろな種類のお塩をちょっとずつ、ぱらりぱらりとふりかけながらいただきました。

器の中に味の濃淡が生まれることで、お米や白菜の甘みに感じ方がいろいろあることに気づいたりして。ちょっとした工夫であらたな発見があるものですね。

ゆず塩白菜粥のレシピ

ゆず塩白菜粥と塩の画像

おすすめシーン:マインドフルになりたいとき、胃腸の養生、二日酔いの朝
調理時間:50分

米の品種:魚沼産コシヒカリ
塩:海の精(ほししお)粟国の塩ひんぎゃの塩

材料(お茶碗2杯分)

  • 生米  1/2合
  • ごま油 小さじ1
  • 水   750ml
  • 白菜  1〜2枚

ご一緒に

  • 柚子皮

<ポイント>彩り豊かに
白菜の内側の黄色の葉と、
外側に近い緑の葉を組み合わせると彩り豊かに仕上がります◎

白菜の画像

つくり方

STEP
ごま油を絡める

厚手の鍋によく研いだ米を入れ、ごま油を絡める。

ごま油を鍋に入れている画像
ごま油を鍋に入れて混ぜている画像
STEP
鍋の温度を上げる

水750mlを入れる。具材のかたよりがないように鍋底をならして、中〜強火にかける。

中火にかけている画像
STEP
コトコト煮込む

鍋の中がぽこぽこと沸いたら、鍋底から米粒をはがすようにおたまでゆっくりまぜる。鍋にお箸を渡してフタをした状態で、ふつふつと波打つ程度の弱〜中火で20分煮込む。

弱火で煮込んでいる画像
STEP
白菜を入れてコトコト煮込む

食べやすい大きさに切った白菜を鍋に入れる。先ほどと同様にフタをしてさらに10分煮込む。

STEP
蒸らし

鍋全体をゆっくりとまぜて火を止める。フタをして5〜10分放置して蒸らす。器に盛りつけたら完成!

いただきます!気になるお味は?

ごま油がお出汁になっています〜!香り良し、とろみよし。

ゆず塩白菜粥の画像

完成したお粥に塩をふりかけていただくと……器の中に生まれたお味のグラデーションがなんとも豊か

味がぼんやり、甘みを感じる、甘みが全開、すこししょっぱい、しょっっっっぱ!

お米の甘み・白菜の甘みと塩っけのせめぎ合いをじっくり観察しながら、ていねいに、ていねいに。

ゆず塩白菜粥のアップの画像

ゆず皮の凛とした香りに背筋が伸びて、なんともマインドフル。あー……おいしいなあ。

ひとつの器の中にもいろんな「おいしい」があるんですねえ〜……!

気をつけなきゃと思ったのは、塩の後のせ式のお粥はとっても豊かでたのしいけれど、結果的に塩をとりすぎてしまう点。薄味に仕上げて、ほんの少し塩を足す。このくらいのちいさな幅のグラデーションのほうが身体にやさしいように思いました。

発見、発見。いろいろ、発見。

と〜〜ってもおいしかったです!ごちそうさまでした!

胃腸を整えて、消化を促進し、便通を良くする働きがある食材です。酒の毒を解消する作用があるとされ、二日酔いにいいといわれています。

『増補新版 薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』喩静・植木もも子、2018年、西東社 P.119「はくさい」より
created by Rinker
海の精
¥810 (2022/12/02 16:57:47時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

鈴木かゆのアバター 鈴木かゆ お粥研究家

お粥研究家。24時間おかゆのことを考えている人。「食事でじぶんを整える」をテーマに、毎朝の自分の体調に合わせたおかゆを作っている。お粥を作るのも食べるのも見るのも大好き。